次は「至愛の試金石」

時系列は「守りの背徳者」の過去に。
……”本編”の時系列と、どんどんさかのぼる……。

「闇よりのひと」と「ベリー」と「エメラルド」の三角関係。
『悪魔の契約』をするまでの経緯。かなり大事な部分。

 

 ベリーの画像と妄想変態

 

この頃のベリーは、あまりニヤニヤしないかもしれない。

 

「闇よりのひと」
造語で出来た名前。
登場人物みんな可哀想なひとしか居ないけど、一番はこのひとかもしれない。

 

 

「エメラルド」
天使や仏、奇跡、魔法。そういう存在に近いんじゃないだろうか。
その力にすがるのは、本当にいい事なのだろうかというテーマを表現してくれる存在。

あらすじというか、プロットは出来てます。

愚作だろうと何だろうと、100作ぐらい作れば
凡作が1作出来るかもしれないという意気込みで
モチベーションを底辺からグイッと上げて完成させます。

サブタイトル

「守りの背徳者」
「至愛の試金石」

どちらも造語。

「守りの背徳者」
「マズルカ」「ベリー」「ワルツ」それぞれが”背徳”している部分があり、”守りたいもの”がある。
主に、とある人物を指している。

「至愛の試金石」
“試金石”である者の苦悩と、「ベリー」「闇よりのひと」「エメラルド」。
それぞれの、”彼ら”への至愛のかたち。
これも、とある人物を指している。